世界一幸福な国ランキング日本は53位に、、、国連での審査基準は?

北欧の国々やはり強し

「世界一幸福な国」ランキング日本は53位に沈む韓国との差は昨年より広がる

幸福な国,幸せな国
(写真=Thinkstock/Getty Images)


国連発表の「2016年版世界幸福度報告書」で昨年46位だった日本が、53位まで順位を落とす結果となった。


1位はデンマークで、わずかな差で2位のスイスを押さえトップに返り咲いた。
157カ国のうち最下位となったのは民族対立の続く中部アフリカのブルンジ、
同じく内紛の渦中にあるシリアは156位だった。

日本・韓国は順位を落とし……理由は「社会的支援」?


上位10カ国の構成はほぼ変わらず、西欧の中小規模国を中心にランクインしている。アジアでは、日本だけでなく韓国も47位から大きく順位を下げ58位となった。


今回の日本の順位が下がったのは「社会的支援」の項目がダウンしたことが大きい。調査では東日本大震災を例に挙げていて、福島では不思議なことに大震災の時にもともと高かった信頼度や幸福度がさらに上昇している。大災害に被災者同士で助け合えたことがストレスを和らげたからだ。だが、震災から5年が経った今も、故郷に帰れなかったり、仮設住宅を出られなかったり、支援がなかなか進まない状況が支援への満足度を下げた。


韓国のランクダウンも、経済が上向かないことや2014年に沈没したセウォル号の引き上げ延期などで政府に不満や不信感が増している点は関係しているだろう。

幸福の国ブータンの揺れる「幸せの定義」


「国民総幸福量」という指標で話題になったブータンも、79位から84位に順位を下げている。順位の低さは世界平均よりもだいぶ低いGDPの影響が大きい。一方で、人々の幸福度にばらつきは少ない=平等な国と評価されたものの、国内では格差が広がっているようだ。


都市部とそれ以外の地域で、受けられる教育・就ける仕事などの差が不満につながっている。他にも伝統的な生活を送ってきたところに電化製品が加わって、もっと快適な生活をしたいと色々な欲が出てくるなど、現状に不満を持つケースが増えたようだ。国内で生まれる不満は世界の他の国とあまり違いはないようだ。

昨年順位付2016年の全体&アジアのベスト10



10位 スウェーデン(8位)
9位 オーストラリア(10位)
8位 ニュージーランド(9位)
7位 オランダ(7位)
6位 カナダ(5位)
5位 フィンランド(6位)
4位 ノルウェー(4位)
3位 アイスランド(2位)
2位 スイス(1位)
1位 デンマーク(3位)



◎アジアベスト10


83位 中国(84位)
82位 フィリピン(90位)
79位 インドネシア(74位)
75位 香港(72位)
58位 韓国(47位)
53位 日本(46位)
47位 マレーシア(61位)
35位 台湾(38位)
33位 タイ(34位)
22位 シンガポール(24位)

(ZUU online編集部)より


-----------------------------------------------------------------------


談)フリーダムケン

さて、10日ほど前の発表だが、
今日は、憲法記念日で国のことを考える機会だから
国民の幸せ度を調べてみた。
最近の報告は、4月24日の記事に出ていたので参考にしてみました。

しかし、幸せ度は何を基準に順位をつけているのでしょうね。
どんな方法で審査されているか興味がないでしょうか?

そもそも、国連にて持続的な開発ソリューションネットワーク(SDSN)の設立より始まり、2011年より発表が始まった。ごく最近スタートしたランキング調査だ。

是非、日本も世界の誰からも幸せな国だとあこがれる世界1幸せな国になりたいものだ。

下記にあるように、


評価基準としては、
富裕度、健康度、 人生の選択における自由度、
困ったときに頼れる人の有無、汚職に関するクリーン度や同じ国に
住む人々の寛大さ
などの
要素が考慮されているそうだ。


もう少し詳細を知りたいと思って調べてたら、以下の記事に出くわした。興味のある方はご覧ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

レファレンス共同データベースより

1.googleで「世界幸福度ランキング」検索→ナショナルジオグラフィックニュース(2013.9.10)に、該当ニュースあり。以下要約抜粋。

http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20130910001

2013年度の世界幸福度レポート(World HappinessReport)が、コロンビア大学地球研究所から発表された。これによると、世界で最も幸福度の高い国はデンマークで、続く2~5位は順にノルウェー、ス
イス、オランダ、スウェーデンとなっている。

国連の「持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)」の支援を受けて行われたこの調査は、
2010年から2012年にかけて実施され、世界156カ国に住む人々の幸福度を国別のランキングにまとめたものだ。

評価基準としては、富裕度、健康度、
人生の選択における自由度、困ったときに頼れる人の有無、汚職に関するクリーン度や同じ国に住む人々の寛大さなどの要素が考慮されている。

アジアで一番ランキングが高いのはアラブ首長国連邦の14位。
ほかにはシンガポールが30位、タイが36位、日本が43位などとなっている。


1-2.EICネット(一般財団法人環境情報センター運営)の海外ニュース(2012年8月9日)に関連事項あり。以下、要約抜粋。
http://www.eic.or.jp/news/?act=view&serial=27966&oversea=1

“「持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(Sustainable Development SolutionsNetwork:SDSN)」は、潘基文国連事務総長が2012年8月に設立。
研究センターや大学、技術機関等が、各国の企業、市民社会、国連機関や国際機関等の関係者と協力して、持続可能な開発を実現するための最善の方法を明らかにし、共有することを目指すものであり、コロンビア大学のジェフリー・サックス教授の指導のもとで運営される。”


1-3.「世界幸福度レポート(World Happiness Report)」の公開について
・SDSNのWebサイトでレポートのPDFが公開されている。

http://unsdsn.org/files/2013/09/WorldHappinessReport2013_online.pdf

・コロンビア大学地球研究所のWeb上でも同レポートのPDFが公開されている
http://www.earth.columbia.edu/sitefiles/file/Sachs%20Writing/2012/World%20Happiness%20Report.pdf

1-4.「World Happiness Report」の所蔵検索をする
・国立国会図書館サーチ →×

・金沢市立図書館OPAC →× (*1996年金沢市立泉野図書館は国際連合寄託図書館に認定)

 
・LiBRARY of Congress(米国議会図書館)OPAC →×
・Columbia University Libraries(コロンビア大学図書館)OPAC →×

1-5.国際連合広報センターに電話で問い合わせる→「世界幸福度レポート(World HappinessReport)」はWeb上でのPDF公開のみで、冊子体は発行しておらず、印刷して図書館資料として受入れる場合には、発行元のコロンビア大学地球研究所に許可を取る必要があるとのこと。

2.類似調査では、「OECDより良い暮らし指標(OECD Better Life Index:BLI)」がある。日本経済新聞Webニュース(2013年5月28日)より、以下要約抜粋。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM28072_Y3A520C1FF2000/

“経済協力開発機構(OECD)は28日、国民生活の幸福度を評価した「より良い暮らし指標(ベター・ライフ・インデックス=BLI)」の最新版を公表した。

加盟国にブラジルとロシアを加えた36カ国中、日本の総合的な幸福度は昨年と同じ21位。3年連続のトップはオーストラリアで、スウェーデン、カナダが続いた。
11の評価分野のうち、
日本は
「安全」がトップで、犯罪の少なさなどが評価された。
「教育」は2位だった。
一方「仕事と生活の調和」は34位。
余暇や睡眠、食事の時間が平均を下回ったことが響いた。
BLIは国内総生産(GDP)に変わる国民の豊かさを測る指標として2011年からOECDが公表している。”

2-2. 「OECDより良い暮らし指標(OECD Better Life
Index:BLI)」の指標11項目の内容は、住居、収入、雇用、社会のつながり、教育、環境、政治への信頼、健康、生活の満足度、安全、ワークライフバランス。(webサイト「マネー用語辞典」より引用)(
http://m-words.jp/w/OECDE5B9B8E7A68FE5BAA6E68C87E6A899.html
2-3.「OECDより良い暮らし指標(OECD Better Life Index:BLI)」の最新版は、OECDのWebサイトで公開されている。
http://www.oecdbetterlifeindex.org/

上記指標の「日本に関する概要(日本語版)」をOECD東京センターがWebサイトで公開している。
http://www.oecdtokyo2.org/pdf/theme_pdf/macroeconomics_pdf/20130528bli2013_cntnotes_jpn_j.pdf

2-4.OECD東京センター閲覧室に電話で問い合わせるが、「OECDより良い暮らし指標(OECD Better Life Index:BLI)」のデータはWeb公開のみであり、冊子体はないとのこと。

3.調査過程で、以下のものが出てきたが、最近のものではないため除外。
・英国レスター大学「世界幸福地図(World map of happiness)」(2006年発表)

http://www.eurekalert.org/pub_releases/2006-07/uol-uol072706.php

・「世界価値観調査(World Values Survey)」(2010年発表)

http://www.worldvaluessurvey.org/index_surveys



この記事へのコメント