笑点 6代目司会は春風亭昇太に決定!え~と本人恐縮、さらば歌丸笑点 歌丸を人間国宝に


「笑点」6代目司会は春風亭昇太 
恐縮、『え~』と思いました。


スポニチアネックス
5月22日(日)18時50分配信

6dcc885d3f1fbae641d11a13eb90aec4_s.jpg

落語家の桂歌丸(79)が22日、日本テレビの演芸番組「笑点」(日曜後5・30)に最後の出演をし、司会を勇退。後任の6代目司会は春風亭昇太(56)に決まった。この日の生放送「歌丸ラスト大喜利スペシャル」で発表された。

写真】22日の「笑点」生放送で司会を勇退した桂歌丸

 後任については「笑点の内部昇格の可能性が高く、中でも円楽さんが現実味がある」(落語関係者)と、三遊亭円楽(66)が最有力候補とみられていた。「立川梅春」として高座に上がるビートたけし(69)らがサプライズ候補に上がっていた。

 番組の最後に、歌丸直々に発表。「春風亭昇太さんにお願いしたいと思います」。会場からは驚きの声と拍手。昇太は恐縮した表情。円楽から「おまえ、いくら使った」のツッコミ。昇太は「客席から『え~』という声が。司会の話を聞いた時?『え~』と思いました。プレッシャーはありますが、考えてもしようがないので、一生懸命やりたいと思います」と心境を明かした。

「笑点」の歴代司会者は
立川談志(66年5月~)
前田武彦(69年11月~)
三波伸介(70年12月~)
五代目三遊亭円楽(83年1月~)
歌丸(2006年5月~16年5月)

現在のレギュラー陣の中で唯一、
初回から出演する歌丸は、
4月30日に行った収録で、自ら降板を発表。

昨年6月に入院するなど、
近年は番組を休むことも増え「体力の限界」と説明。
番組の50周年と落語家生活65年の区切りの年に決断した。番組は1966年5月15日の放送スタート以来、50周年を迎えた。

最新関連記事
2016/5/22 21:21

「笑点」新司会の春風亭昇太「自分らしくやる」
桂歌丸は本番終了後に涙

---------------------------------

(日刊ニュース)
落語家桂歌丸(79)が22日、
「笑点」(日曜午後5時半)にラスト出演し司会者を引退した。
後任として、レギュラー出演者の春風亭昇太(56)の6代目司会者就任が発表された.

歌丸は4月30日の収録語に会見を開き「体力の限界です」と5代目司会者からの退任を表明。66年5月15日に始まった第1回から出演、大喜利メンバーとして活躍し、06年から司会を務めてきた「笑点」の顔が去った。

この日はTOKIOメンバー5人と笑点メンバーの大喜利対決から始まり会場からは驚きの声が上がった。座布団が多かったTOKIOに歌丸スコップが渡された。最後の大喜利ではメンバー全員の座布団が没収された。

◆春風亭昇太(しゅんぷうてい・しょうた)本名・田ノ下雄二。1959年(昭34)12月9日、清水市(現静岡市)生まれ。82年、故春風亭柳昇さんに入門。前座名は昇八。86年二つ目昇進、昇太に改める。92年真打ち昇進。00年文化庁芸術祭大賞など受賞も多数。

関連過去記事
2016/04/30

「これからも僕を叱ってください」歌丸の勇退に円楽が涙、笑点50周年会見 - お笑いナタリー

------------------------------------------------

談)フリーダムケン

あんなに様々な候補が上がっていましたが、
あのメンバーの中から決まるとは、
確かに、誰も、予測付かなかったでしょうね。

まさか、昇太さん!
歌丸さんが「皆さんを驚かせる」と言ってたように
確かに、驚きでは、ありましたね。

ちょっと、軽いように見えますが、
腹黒さがなさそうだし、
盗みをしそうでもなさそうだし、
物事をなんでも忘れる、、、
だらしない感じでもなさそうだし、
他のメンバーのようなことはなさそうだし、

身辺も、家族を持たない、
責任を持つ必要もない
悪事なこともできそうにない。
身辺がスッキリした、
とりあえず、
落語の向き合い方も真摯のようだし、

これまでの視聴者に愛されてきた
笑点独特なほんわかムードを
ファンや日テレの局や関係者方々の
期待や双方の立場を考えて、

大幅に雰囲気が変わってしまったり、
メンバーの不満が爆発して、
バラバラになったりする心配を
避ける事を優先した判断のようですね。
長く長く続くように
いわばチームワーク重視

彼は一番サラリーマン的かな、、、

あの個性あふれるメンバーの面々共、
利害関係が入り過ぎず、
出しゃばり過ぎず、
とりまとめも、メンバーの協力を
得ながら公平感がある運営が、
期待できるかもしれませんね。

メンバーの中では、
長年かかわってきた歌丸さんならではの
人事だったのではないでしょうか。

大変妥当な選択だったと思います。

やはり、さすがに、オバマさんも、壇蜜さんもなかったですね。(笑)


皆さんの感想は、様々なようです。
ツイッターには、感想がいっぱい書き込まれているようです。。

ライブツイート ヤッフー

笑点 日本テレビ


春風亭昇太wikipedia
春風亭 昇太は、落語家の名。先代は前座の時に名乗っただけであるため、代数をつけて呼ぶことはない。先代 - 現:3代目昔昔亭桃太郎。当代 - 本項にて記載。春風亭 昇太は、静岡県静岡市清水区出身の落語家。5代目春風亭柳昇の弟子。大師匠は“春風亭の先生”こと6代目春風亭柳橋。


精選落語 桂歌丸 CD3枚+DVD1枚セット CD

価格:8,640円
(2016/5/22 23:38時点)
感想(0件)




【送料無料】桂 歌丸 牡丹燈篭完全セット 【DVD】

価格:11,519円
(2016/5/22 23:36時点)
感想(0件)




桂歌丸 怪談 真景累ヶ淵DVDセット【落語 DVD】

価格:25,200円
(2016/5/22 23:37時点)
感想(0件)







桂歌丸師匠を「人間国宝」にしましょう!!

発信者:六代目 三遊亭円楽
Shibuya-ku, Tokyo


六代目三遊亭円楽でございます。

歌丸師匠は、既にミイラには成りつつあります。…


そういう冗談は番組の中だけにして、

真剣に「人間国宝」になっていただきたく、このページを借りて訴え、また同志を募る次第です!


所謂、人間国宝、無形文化財保持者の選択基準は良く知らないが、私なりに考えると、伝統芸能の技能継承をきちんとしており後世への伝達を確かにして行ける者。さらには、その芸の世界を世間的にも知らしめ高めた事も重要な要素だと思います。 


その観点から、歌丸師匠は新作からスタートし、笑芸のエッセンスを良く学び、更に古典の継承の重要性、発展の方法を考え圓朝物と云われる落語中興の祖である圓朝師匠の作品を現代に合うべく語り直し、


志ん生、圓生等の先人の作品の滑稽噺から人情噺まで幅広く手掛け好評を得ており、


後輩達の手本となり、若手にも稽古指導の手間を惜しまず、更に自ら落語という芸能を多くの方に広く頒布、認知して貰う為、


老骨に鞭打ち日夜、東奔西走、日本中で実演の日々を過ごしています。


また今年度50周年を迎える人気テレビ番組「笑点」の回答者から司会者になり、第一回からの唯一の出演者として、落語家達の地位の確立にもひとかたならぬ尽力をしてきました。


芸歴も60年を越え、なお第一線で活躍し落語界の為に頑張っている歌丸師匠こそが重要無形文化財保持者に相応しいと考え、皆様に御訴えする次第です。


我々の落語界の先人達の紡いできた落語の継承と進化に力を注ぐ歌丸師匠を人間国宝にしましょう。


「桂歌丸を人間国宝にする会」

会長 六代目三遊亭円楽


 


【公式ページ】

http://www.mamekana.co.jp/utamaru-kokuhou/index.html

実現したい「チェンジ」は何ですか?

キャンペーンを作成しましょう



この記事へのコメント